NFT

NFTのGiveaway(ギブアウェイ)とは?エアドロップの受け取り方を解説!

2022.06.03

無料配布NFTの受け取り方を知りたい!

NFT Giveaway(エアドロップ)への参加方法を教えて欲しい…

このような悩みに答えます。

本記事の信頼性

今回はNFT Giveawayへの参加方法NFTの受け取り方について紹介します。

NFT Giveawayとは、NFTを無料でプレゼントする(エアドロップ)ことです。

基本的に、GiveawayはTwitter上で行われており、参加して当選するとNFTを無料でもらうことができます!

ぜひこの機会に、無料でNFTをもらえるよう準備しておきましょう!

ノア

初心者にもわかりやすく解説していきますので最後までご覧ください。

NFTの売買には仮想通貨が必要となります

NFTの売買にはイーサリアムなどの仮想通貨が必要になるので、仮想通貨取引所で購入しておきましょう!

ノア

初心者の方には、無料で口座開設することができるコインチェックがおすすめです!

今だけ!【1,500円分のビットコインをもらえる】キャンペーン開催中

  • 9月30日(金)までのコインチェックキャンペーン
  • 無料口座開設&入金で1,500円分のビットコインがもらえる
  • 入金は1円でもOK
  • 予算が尽きる1,500円分のビットコインはもらえないので、お早めに

>> 今すぐコインチェックで無料口座開設する(1,500円分のビットコインをもらう

ノア

たった5分で口座開設は完了します!

ビットコイン1,500円分をもらうのに、乗り遅れないようにしましょう!

本人確認後、72時間以内に1円でも入金すればもらえるので、入金をお忘れなく!!

口座開設が終わったら、読み進めて下さい!

ノア
コインチェック

NFT Giveawayへの参加方法

基本的に、NFT GiveawayはTwitter上で行われています。

探し方は「#NFTGiveaway」とハッシュタグ検索することで、世界中のクリエイターのGiveawayに参加することができます。

日本語のツイートだけ検索したい場合は「#NFTGiveaway lang:ja」のハッシュタグを使いましょう!

NFT Giveawayは基本的に

  • アカウントのフォロー
  • ツイートのリツイート&いいね
  • リプ欄にウォレットアドレスを書き込む

などが応募条件とされていることが多いです。(下記が参考)

指定された「条件を達成した全員or数名」にNFTが無料配布(エアドロップ)される形となります。

当選されるコツとしては、引用リツイートでそのNFTコレクションに対する想いや期待を語ると、当選しやすいでしょう!

参加条件に記載されている「ウォレットアドレス」と「OpenSeaアカウント」はNFTを受け取るために必須となりますが、個人情報は何も必要ないのでご安心くださいね。

ノア

それでは、実際にNFT Giveawayに参加する方法を紹介していきますね!

NFT Giveawayのもらい方

NFT Giveawayのもらい方は、下記の手順となります。

  • メタマスクでウォレットを開設する
  • NFTマーケットプレイス(OpenSea)に登録する
  • ウォレットアドレスを伝える
ノア

聞きなれない言葉が多いかもしれませんが、やること自体は超簡単なのでご安心くださいね!

手順⑴:メタマスクでウォレットを開設する

まずは、メタマスクでウォレットを作成していきましょう!

ウォレットとは、仮想通貨取引で使うインターネット上の財布のようなモノです。自分の所持している仮想通貨を管理するために必要となります。

ウォレットには様々な種類がありますが、基本的にはメタマスクをインストールして使用するのをおすすめします。

ウォレットを作成する時は下記リンクの公式サイトからインストールするようにして下さい。(下記リンクは安全です。)

>> メタマスクの公式サイトはこちら

ここで気をつけて欲しいのは、ウォレットを作る際に公式サイトから作成することです。

偽サイトでウォレットを作成してしまうと、仮想通貨を入れた後に抜き取られる可能性があります。仮想通貨は一旦失うと取り返すことがほとんど不可能です。

メタマスクの詳しい設定方法は下記記事で解説していますので、ご覧ください。

メタマスクの設定方法

あわせて読みたい
ノア

メタマスクの設定が終わったら、こちらの記事を読み進めてくださいね!

手順⑵:NFTマーケットプレイス(OpenSea)に登録する

OpenSea(オープンシー)はNFTの売買を行なっている世界最大のNFTマーケットプレイスです。

OpenSeaの特徴は下記の通り。

  • 無料でNFT作成ができる
  • オークションと固定価格と2種類の販売方法がある
  • 多くのブロックチェーンに対応している

他にもNFTマーケットプレイスはいくつかありますが、初心者の方はOpenSeaをおすすめします。

OpenSeaも偽サイトが確認されているので、必ず下記公式サイトから登録するようにして下さい。(下記リンクは安全です。)

>> OpenSeaの公式サイトはこちら

OpenSeaの使い方は下記3ステップで完了します。

  • OpenSeaの公式サイトにアクセス
  • アカウントの開設とMetaMask接続
  • プロフィールとメールアドレスの設定

下記記事を参考に、OpenSeaの登録まで済ませておきましょう!

あわせて読みたい
ノア

OpenSeaの登録ができたら、あとはウォレットアドレスを伝えるだけです!

手順⑶:ウォレットアドレスを伝える

最後に、NFT Giveawayに当選したら、ウォレットアドレスをお伝えしましょう!

基本的には、当選のお知らせはTwitterのDMで直接連絡が来ます。

中にはGiveawayの当選を装ってくる偽物アカウントがいます。必ず本物のアカウントからのDMのみ対応するようにしましょう!

本物のアカウントであると確定したら、感謝の気持ちとウォレットアドレスをお伝えしましょう!

すると、OpenSeaの自分のコレクションページにNFTが送られてきます!

ノア

NFTは転売するもよし、自分でずっと保持しているのも良いでしょう!

よくある質問

初めて、NFTを購入しようと考えているのですが、どのコレクションがいいですか?

ノア

日本で最も成功しているジェネラティブNFTプロジェクトの「Cryptoninja Patners」がオススメです。

マーケティングは実業家のイケハヤ氏(@IHayato)が担当しているので、信頼性もあります。

あわせて読みたい
ノア

ちなみに、CNP(Cryptoninja partners)公認のファンアートNFTプロジェクトの「CNT Jobs」もオススメです!

あわせて読みたい

Giveawayをもらうのは、安全ですか?

ノア

基本的にNFTをもらうことは安全です。

メタマスクの自分のウォレットアドレスを伝えることに危険性はありません。

ただし、下記2点には必ず気をつけてください。

  • ウォレットアドレスを詐欺サイトに接続してしまう
  • シークレットリカバリーフレーズを他人に教えてしまう

特に1点目の詐欺サイトに接続してしまうのは、初心者がよく被害に遭う詐欺の手口です。

ノア

基本的に信頼できる情報源だと思っていても、ウォレットアドレスを接続する際には、最新の注意を払いましょう!

自分でもNFTコレクションを始めてみたいです

ノア

日本ではまだまだコレクション運営者が少ないので、今のうちに始めるのはオススメです!

下記の記事を参考にぜひ始めてみてくださいね。

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

ノア

ITベンチャー会社員(25)|副業で月7桁稼ぐ私が、NFT・メタバース・仮想通貨や副業などのマネーハック情報をお届けするブログです。

-NFT