NFT

【結論】NFTアートが売れない理由5つ|売るコツと成功事例を5つ紹介

2022.02.12

ノア

NFTアートを始めてみたけど全然売れない…

売れない理由と売るコツを実績のある人に教えてほしい…

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • NFTアートが売れない理由5つ
  • NFTアートを成功に導く5つのコツ
  • 参考にすべきNFTコレクション

本記事の信頼性

この記事を執筆している私は、売上50万円以上のNFTコレクションを運営しており、その実績をもとに解説していきます。

テレビのニュースでは「小学生が描いた絵が数百万円で売れた!」と取り上げられることもあるので「私の絵も数万円で売れるのではないか!」と誰もが考えてしまいますよね。

ただ、実際にNFTアートを売るのは簡単なことではありません。

ノア

そこで今回は、実績のある私がNFTアートが売れない理由と売るコツを解説します。

本記事を読むと

  • NFTアートが売れない理由がわかる
  • NFTアートを売るためのコツがわかる
  • NFTアートを売るためにすべきアクションがわかる

そもそもNFTアートをまだ作成していない方は、下記記事を参考にNFTアートを作成してみてくださいね。

あわせて読みたい

NFTの売買には仮想通貨が必要となります

NFTの売買には仮想通貨が必要になるので、仮想通貨取引所で購入しておきましょう!

ノア

初心者の方には、取引手数料が無料の「コインチェックがおすすめです!

今だけ!【1,500円分のビットコインをもらえる】キャンペーン開催中

  • 9月30日(金)までのコインチェックキャンペーン
  • 無料口座開設&入金で1,500円分のビットコインがもらえる
  • 入金は1円でもOK
  • 予算が尽きる1,500円分のビットコインはもらえないので、お早めに

>> 今すぐコインチェックで無料口座開設する(1,500円分のビットコインをもらう

ノア

たった5分で口座開設は完了します!

ビットコイン1,500円分をもらうのに、乗り遅れないようにしましょう!

本人確認後、72時間以内に1円でも入金すればもらえるので、入金をお忘れなく!!

口座開設が終わったら、読み進めて下さい!

ノア
コインチェック

OpenSeaであなたのNFTアートが売れない5つの理由

OpenSeaで、あなたのNFTアートが売れない5つの理由は下記の通りです。

  • 認知度が低い
  • トレンドを抑えていない
  • 付加価値がない
  • 売り方が工夫されていない
  • そもそも買い手が少ない

上記の理由を、1つ1つ解説していきます。

の前に、NFT販売の実績は下記記事に執筆しているので、確認してみてください!

あわせて読みたい
ノア

実績をもとに、NFTコレクター目線・販売者目線もお伝えしていきます!

そもそも、OpenSeaの使い方がわからないという方は下記記事をチェックしてみてください。

あわせて読みたい

⑴ 認知度が低い

一つ目の理由は認知度が低いことです。

マーケティングの基本ですが、認知度がないとNFTも売ることができません。

現状、世界最大規模のNFTマーケットプレイスにおいて、認知獲得における戦略なしにはどれだけ素晴らしい作品でも売ることができません

そもそも、あなたがNFTを販売していること自体を知る術がないからです。

では、具体的にどう認知を獲得していけば良いのか。

おすすめはTwitterでの認知獲得です。

2021年10月から日本市場の第一波がきましたが、その当時から売れているNFTコレクションは全てTwitterで認知を獲得するところから始まっています

Twitterで作品の魅力を伝える。→作品の魅力を感じた人が購入。というような流れです。

つまり、もしあなたのNFTが売れていないのであればTwitterなどのSNSを活用して、少しでも作品の認知度を上げることが必要です。

ちなみに、私のTwitterでは毎日NFTを宣伝する場所を設けております。

ノア

ぜひお気軽にリプライで宣伝してみてくださいね!全て拝見させていただきます!

⑵ トレンドを抑えていない

二つ目の理由は、トレンドを抑えていないです。

NFTにも、その時に売れているトレンドがあります。

これまでの世界のトレンドを振り返ると「ドット絵→類人猿→ボクセル→土地→人型→女性→アニメ風→Next?」のような変遷を辿っています。

その時々に流行したトレンドの作品が同じく日本でも爆発的に売れるようになっています

つまり、世界のトレンドを抑えていち早く行動すると、その波に乗じてコレクションを成功させることができるかもしれません。

ノア

とはいえ、毎回トレンドを追っていてもキリがないので、一つトレンドを押さえたらそこに向けて全集中して取り組みましょう!

思い切ってどんなものを売るか変更するのもありですよ!

あわせて読みたい

⑶ 付加価値がない

三つ目の理由は、付加価値がないです。

売れているNFTアートの多くには「付加価値」があります。

付加価値の例

  • 現実で使えるパーカーが貰える
  • 現実でパーティーに参加できる
  • メタバース上で使えるアバター特典

このような付加価値があります。

日本で売れているコレクションにも、同様に付加価値があることで売れているコレクションが多いです。

有名インフルエンサーのイケダハヤト氏が運営しているCryptoNinja
└「持っていたら、自慢できるし今後の展開が楽しそう!」という付加価値
有名NFTクリエイターのおにぎりまんさんのコレクション
└「おにぎりまんさんの作品を持っていると自慢できる!」という付加価値

このようなイメージです。

つまり、売れているコレクションにはそれだけの付加価値があるので、あなたのNFTコレクションにもオリジナルな付加価値をつけると良いでしょう!

日本では「現実で利用できるモノをプレゼントする」行為は景表法に抵触する可能性があるので、注意しましょう。

付加価値をつけ方は、NFT全体の稼ぎ方を把握することで見えてくるでしょう。

下記記事を参考に、付加価値を考えてみてください。

あわせて読みたい

⑷ 売り方が工夫されていない

四つ目の理由は、売り方です。

NFTコレクションが成功するかは「売り方」も非常に重要になってきます。

ここで、一つ質問です。

10000足のスニーカーと10足限定スニーカーだと、どちらが欲しいですか?

ほとんどの人が「10足限定スニーカー」と答えるでしょう。

なぜなら、数が少ない方が「希少価値」が高いからです。

NFTも同じで、数が少ないとその希少性は高まります。

同じ10個のNFTを販売するにも、1個ずつ販売していくのと、10個を一気に販売していくのとでは、売れ行きが圧倒的に異なります

つまり、市場の需要に合わせた供給量を調整しつつ販売することによってNFTを継続的に売っていくことができるようになります。

現時点で1作品も売れておらず10作品ほど出品している方は、まずは1作品売ることに集中して取り組むと良いでしょう。

ノア

「売り方を工夫しましょう」という話でした!

⑸ そもそも買い手が少ない

五つ目の理由は「そもそも買い手が少ない」からです。

実は、NFTはニュースなどで取り上げられる機会は増えたものの、実際に売買をしている人はかなり少ないです。

Openseaのアクティブユーザー数を見ても1週間で27万人のみ(2022年2月最新)です。

dune.xyzより

世界でこの人数なので、日本だとどれほど人数が少ないか…

さらに、参入している人もほとんどがクリエイター側(販売者側)です。

ただでさえNFTに参入している人口が少ない上に、買い手(コレクター)も少ないという状況です。

この実態を鑑みるとNFTアートが売れないのは、もはや「当然のこと」と言えるでしょう。

外的要因なので、どうすることもできませんので、時が解決するのを待つ必要があります。

NFTアートを成功に導く5つのコツ

NFTアートを成功に導く5つのコツは、上記の逆の行動をするだけです。

  • 認知度を上げる
  • トレンドを抑える
  • 付加価値をつける
  • 売り方を工夫する
  • 買い手が多い市場(ETH)で販売する

上記の行動を、先ほどよりグッと具体的に解説しますね。

本記事で書かれていない売るコツは下記記事にも記載しているので、併せてチェックしてみてください。

あわせて読みたい

⑴ 認知度を上げる

先ほどもお伝えした通り、認知度獲得にはTwitter活用が有効的です。

まずは、Twitterでアカウントを解説して作品を目に触れる機会を作り出していきましょう!

作品を拡散させる方法としては、Giveawayという企画が拡散効果があります

実際に私がホルダーで関わっている「Neomasks」はGiveawayにより認知度を圧倒的に飛躍させることに成功し、その後も人気が増しています

誰でも出来る企画なので、ぜひ実践してみると良いと思います。

企画のテンプレは、掲載しておきますのでご自由にお使いください!

企画テンプレ

✨Giveaway企画✨

◯◯◯より、1体のGiveawayを実施します!

🎁応募条件
⚫︎本ツイートをRT
⚫︎◯◯◯のフォロー
・◯◯◯

🎁期間 00/00 (◯) 23:59 迄

NFT初心者の方でもポチッと
お気軽にご参加ください🙆‍♂️

⑵ トレンドを抑える

先ほどはトレンドを追うという点をご説明しました。

ここではコレクションの「統一性」について解説します。

売れているNFTコレクションには、いずれも統一性があります。

例えば、BoredApeYachtClubでは類人猿の絵。CryptoNinjaでは忍者の絵。のみしか扱っていません。

もしあなたが、女の子の絵、ロボットの絵、景色の絵を同じコレクションで販売していたら、売れません。

理由は、統一性がないからです。

一つカテゴリーを自分で決めて、そのコレクションにはそのカテゴリーの絵だけを販売するようにしましょう。

もちろん、私が共同運営している「EIN.」もサイバー犬のみで構成されています。

⑶ 付加価値をつける

あなたのNFTコレクションには付加価値はありますか?

おそらくほとんどの人は考えていないのではないかと思います。

NFTは、過去に作った絵を売れば売れるんじゃないの!?

ノア

そういう声が画面越しに聞こえてきます。

冗談はさておき、一つ世界的なコレクション例を挙げます。

類人猿のBoredApeYachtClub(BAYC)は、NFTを会員権として付加価値をつけています。

NFT(会員権)を所有することで特別なコミュニティに参加でき、限定グッズや限定パーティー、限定プレゼントを手にすることができるのです。

なんだかワクワクしませんか?

まさに、そのワクワクがNFTによる付加価値なのです。

初めは何かのプレゼントでもいいかもしれません。

ノア

とにかく、小さくても良いのでNFTを通じて付加価値を考えてみましょう!

⑷ 売り方を工夫する

売れているNFTコレクションはいずれも「人気」を演出します。

売れ残りを作らないよう、供給量を絞って販売しています。

初心者の方におすすめの販売方法は下記の3つのポイントを意識しましょう。

  • Twitterで販売告知をする
  • まずは1作品だけ販売する
  • 価格は低く設定する

まずは1作品売り切ることに集中しましょう。

ノア

1作品売ることができても、その後も需要に合わせて販売ペースを整えていくことが大切です。

⑸ 買い手が多い市場(ETH)で販売する

最後に、買い手が多い市場(ETH)で販売しましょう。

OpenSeaの販売には、2つの出品方法があります。

イーサリアム(ETH)出品

  • 初回の作品販売時にガス代がかかる
  • 購入時にコレクターにガス代がかかる
  • 世界的にコレクター人口が多い

ポリゴン(Polygon)出品

  • 作品販売時にガス代はかからない
  • 購入時にコレクターにガス代がかからない
  • 世界的にコレクターが少ない

ざっくりと、上記のような特徴です。

世界的にみても、日本をみても上位のプロジェクトはいずれもイーサリアム(ETH)出品です。

本気で売れていきたいのあれば、迷わずイーサリアム出品をしましょう!

ノア

私が運営しているEIN.もイーサリアム出品です!

参考にすべきNFTコレクション

最後に、参考にすべきコレクションを紹介します。

  • CryptoNinja
  • Bored Ape Yacht Club (BAYC)
  • CLONE X - X TAKASHI MURAKAMI

⑴ CryptoNinja

CryptoNinjaはインフルエンサーのイケダハヤト氏が運営しているNFTコレクションです。

TwitterなどのSNSを活用した大型マーケティングに加え、EXILEの関口メンディーさん購入、ファンアートの解禁など施策&事件により日本での地位を確立しました。

現在では、NinjaDAOと呼ばれる分散型コミュニティーも形成されており、運用含めて参考になるコレクションです。

⑵ Bored Ape Yacht Club (BAYC)

Bored Ape Yacht Club(ボアード エイプ ヨット クラブ)は類人猿をモチーフにしたNFTコレクションです。

ジャスティンビーバーやネイマールなどの世界的セレブが所有しているコレクションになります。

現在、世界で最も人気なコレクションとして注目されています。

アディダスとのコラボレーションやブロックチェーンゲームを出すなど、多岐にわたる展開を見せており、その地位は不動と言えるでしょう。

⑶ CLONE X - X TAKASHI MURAKAMI

CLONE Xはデジタルスニーカーブランド「RTFKT(アーティファクト)」と村上隆さんのコラボによるNFTコレクションです。

RTFKT自体、デジタルブランドとして人気の地位を確立している上に、村上隆さんとのコラボということで圧倒的人気のコレクションとなりました。

現在、RTFKTはあのスポーツブランドNIKE(ナイキ)に買収されており、今後の展開にもかなり注目が集まっています。

ノア

手が出せる価格帯ではないけど、本当に欲しかった…

ぜひ、上記のコレクションを参考にしてみてください。

ノア

きっと運営におけるヒントが隠されていると思います!

本記事で書かれていない、売るコツは下記記事にも記載しているので、併せてチェックしてみてください。

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

ノア

ITベンチャー会社員(25)|副業で月7桁稼ぐ私が、NFT・メタバース・仮想通貨や副業などのマネーハック情報をお届けするブログです。

-NFT