NFT 仮想通貨

メタマスクの使い方・仮想通貨の入送金方法を徹底解説【初心者向け】

2021.11.16

MetaMask(メタマスク)の使い方、仮想通貨の送金方法がわからない…

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • メタマスクとは?
  • メタマスクを使い始める3ステップ
  • メタマスクへの送金方法

本記事の信頼性

本記事では、メタマスクの使い方を完全初心者にもわかりやすく解説していきます。

メタマスクを扱うのは簡単ですが、一歩間違えると大事な資産を失うことに繋がります。

セキュリティのことについても触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

NFTの売買には仮想通貨が必要

NFTの売買にはイーサリアムが必要になるので、仮想通貨取引所で購入しておきましょう。

初心者の方には、仮想通貨を買う際の手数料が無料の「コインチェック」がおすすめです!

豪華なコインチェック口座開設キャンペーン開催中!

【~6/30までの期間限定】コインチェックの口座開設と購入をした方全員2,500円分もらえるキャンペーンが実施されています!

>> コインチェックで無料口座開設をする(今すぐタダでビットコインをもらう)

こちらのキャンペーンは予算が尽きたら終了します。2500円はもらえなくなりますのでご注意ください。
ノア

迷っていたら無料の口座開設だけでもしておきましょう!

コインチェック
ノア

口座開設が終わったら、読み進めて下さい!

仮想通貨がまだ怖いという方は、初心者でも失敗しない仮想通貨・ビットコインの始め方【3ステップ】を読んでみてくださいね。

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMask(メタマスク)とは、仮想通貨取引で使う財布のようなモノです。自分の所持している仮想通貨を管理、送金、受け取りをするために必要となります。

ウォレットには様々な種類がありますが、基本的にはメタマスクをインストールして使用するのがおすすめです。MetaMaskでは、イーサリアムや、イーサリアム上のブロックチェーン上のトークンが使用できます。

MetaMaskのメリット

  • 誰でも無料で簡単に扱える
  • OpenSeaと連携ができる
  • 日本語、日本円表示もOK

上記の理由から、NFT初心者の方におすすめのウォレットです。

NFTを購入するために、OpenSeaと連携できる事も大きいですね。

MetaMaskのデメリット

  • ブラウザの対応制限
  • ハッキングリスクの可能性がある

MetaMaskを利用できるブラウザは、GoogleChromeやFireFoxです。

また、ハッキングのリスクがゼロではない為、サービスと接続する際には偽サイトに接続しないよう要注意しましょう。

MetaMaskを使い始める手順

前提として、MetaMaskを使い始めるには、事前に仮想通貨取引所に登録する必要があります。

初心者の方には、国内で安全性も担保されているコインチェックがおすすめです。

コインチェックがおすすめの理由は、こちらの記事で解説しているのでチェックしてみてください。
あわせて読みたい

メタマスクの始め方は下記3ステップの手順です。

  • メタマスクのインストール
  • ウォレットの作成
  • シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)の確認

手順1:メタマスクのインストール

まずは、MetaMaskの公式サイトにアクセスしましょう。

>> MetaMaskの公式サイト

偽サイトもあるので、要注意して下さい。上記リンクは安全です。

次に「Download」→「Install MetaMask for Chrome」をクリック。

すると下記画面に遷移するので、「Chromeに追加」をクリック

続いて「拡張機能を追加」をクリック

これでメタマスクのインストールは完了です!

下記画面のような、ブラウザ右上のジズソーパズルマークをクリックすると、メタマスクを起動できます。
すぐ使えるようピン留めもしておきましょう!

手順2:ウォレットを作成

次に、ウォレットを作成していきます。
「開始」をクリック

続いて「ウォレットの作成」をクリック

「同意します」をクリック

パスワードを作成したら、ウォレットの作成は完了です!

手順3:シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)の確認

次に下記画面に遷移し、シードフレーズについての説明を受けます。
簡単に言うと、ウォレット内の資産を守るための鍵の役割です。

「次へ」をクリック

ここでシードフレーズを確認していきます。
「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」をクリック

ここで、12語の英単語が表示されますが必ず他人に見られないように保管しましょう。もし流出すると、ウォレットから全ての資金を盗まれます。

基本は、紙のメモなどのアナログかつ誰にも見られない場所に保管しておくのが推奨されています。理由は、スクショやWeb上のメモだとPCを盗まれたら見られる可能性があるためです。

次に、メモしたシードフレーズを順番通りに入力して確認します。

こちらで、メタマスクウォレット作成とシードフレーズの確認は完了です!お疲れ様でした!

メタマスクへの送金方法

ここからは、メタマスクへの送金方法の流れをお伝えします。

  • コインチェックの口座開設
  • コインチェックでの日本円の入金
  • コインチェックでのイーサリアム購入
  • MetaMaskの入手
  • MetaMaskへのイーサリアムの送金

ここに関しては、下記記事で解説していますのでぜひご覧ください!

関連記事

まとめ

以上、メタマスクの使い方と仮想通貨の入送金方法を解説しました。

NFTアートを始める5ステップ

  • 仮想通貨取引所で口座開設
  • MetaMaskでウォレットを開設 ⇦今回はここを解説!
  • OpenSeaでアカウントを開設
  • MetaMaskとOpenSeaを接続
  • NFTアートを購入・販売する

次は、OpenSeaでアカウントを解説するので、こちらの記事に進みましょう。

あわせて読みたい

NFTを作ってみたい方へ

あわせて読みたい

NFTを販売予定の方へ

あわせて読みたい
あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

ノア

ITベンチャー会社員(25)|副業で月7桁稼ぐ私が、NFT・メタバース・仮想通貨や副業などのマネーハック情報をお届けするブログです。

-NFT, 仮想通貨