NFT

【NFTの初期費用は?】結論→無料で始められる【失敗しないやり方も解説】

2022.05.21

ノア

NFTアートを始める時の初期費用を知りたい。

できるだけ安く始めたい。

このような悩みにこたえます。

本記事の信頼性

今回はNFTアートを始める際にかかる初期費用について、初心者向けに解説していきます。

結論、NFTは無料からでも始めることができますが、購入となると最低5,000円ほどはかかります。

初期費用がかかるとはいえ、まだまだ市場も小さいので早めに参入しておくと先行者利益を獲得できるかもしれません。

ノア

失敗しない始め方も紹介するので、最後までご覧ください!

NFTの売買には仮想通貨が必要となります

NFTの売買には仮想通貨が必要になります。

そのため、1円から仮想通貨ビットコインを購入できるビットフライヤーで購入しておきましょう。

\ 1円から仮想通貨を買える! /

ビットフライヤーは手数料無料でビットコイン(BTC)を購入できるので、初心者にオススメです。

ビットフライヤー 公式サイト

NFTアートの初期費用

今回は、こちらの目的ごとに初期費用を紹介していきます。

ノア

見たい箇所をクリックすれば飛べるよ!

NFTアートを購入・転売する

NFTアートを購入・転売する時の初期費用は下記の通り。

  • 仮想通貨取引所→メタマスクへの送金:2,000~3,000円
  • イーサリアムのガス代:2,000~3,000円
  • NFTアート本体の価格:1,000円〜

合計で、最低でも5,000円ほどとなります(仮想通貨の価格により変動があります)

仮想通貨取引所→メタマスクへの送金:2,000~3,000円

仮想通貨取引所からメタマスクへ送金するには、都度2,000円〜3,000円の手数料がかかります。

コインチェックでは、0.005ETH(約2,000円ほど)がかかります。

送金手数料を抑えるため、できるだけ何度も送金を行わないようにしましょう。

イーサリアムのガス代:2,000~3,000円

NFTアートを購入するには、ガス代という手数料も支払わなくてはなりません。

ガス代は取引を行う日にちや時間帯によって変動しますが、基本的に2,000~3,000円程度

時間帯によっては法外な価格になることもあるので、その際には安く抑える方法を試しましょう。

NFTアート本体の価格:1,000円〜

NFTアート本体は、最低1,000円ほどから購入することができます。

高いものだと、1,000万円ほどするNFTもありますが、数千円のNFTでもコミュニティ機能やホワイトリスト(販売優先権)などの恩恵を受けることはできます。

ノア

私は最初、よくわからないNFTアートに1,000円ほどを支払って購入しましたが、その経験があったからこそ、NFTに関する情報をブログとTwitterで発信し稼ぐことができています。

NFTアートを購入する方法

NFTアートは、下記の手順で購入することができます。

  • 仮想通貨取引所で口座開設
  • メタマスクでウォレットを開設
  • OpenSeaでアカウントを開設
  • メタマスクとOpenSeaを接続
  • NFTアートを購入・転売する

詳しいやり方は、下記記事を参考にしてみてくださいね。

NFTアートを販売する

NFTアートを販売する時の初期費用は下記の通り。

  • 仮想通貨取引所→メタマスクへの送金:2,000~3,000円
  • 初回出品のイーサリアムガス代:5,000~円(※ポリゴン作品であれば無料)

合計で、最低でも7,000円ほどとなります(仮想通貨の価格により変動があります)

仮想通貨取引所→メタマスクへの送金:2,000~3,000円

こちらは、先ほどと同様なので、割愛させていただきます。

初回出品のイーサリアムガス代:5,000円~(※ポリゴン作品であれば無料)

NFTにはイーサリアム出品とポリゴン出品の2種類があります。

  • イーサリアム出品:5,000円~
  • ポリゴン出品:無料

ポリゴンの方で出品すれば良いのではないかと思われるかもしれませんが、イーサリアム出品の方が市場規模は大きいため、人気です。

ノア

現に、世界ランキングの上位はほとんどがイーサリアム出品が占めています!

NFTアートを販売する方法

NFTアートは、下記の手順で販売することができます。

  • 仮想通貨取引所で口座開設
  • メタマスクでウォレットを開設
  • OpenSeaでアカウントを開設
  • メタマスクとOpenSeaを接続
  • NFTアートを販売する

詳しいやり方は、下記記事を参考にしてみてくださいね。

NFTゲームを始める

NFTゲームを始める時にかかる初期費用は下記の通り。

  • 基本プレイ無料、稼ぐには課金が必要なゲーム:10,000円〜
  • 始めるのに初期費用が必要なゲーム:30,000円〜

基本プレイ無料、稼ぐには課金が必要なゲーム:10,000円〜

ThetanAreaやSorareは基本無料で遊ぶことができますが、稼ぐには課金が必要です。

なぜなら、スマホゲーム同様、ライバルに勝つことで報酬を得て稼ぐことができるからです。

弱いままではゲームで勝てず、稼ぐことができません。

おすすめのNFTゲームは下記記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

始めるのに初期費用が必要なゲーム:30,000円〜

大人気ブロックチェーンゲームAxie Infinityでは、最初に3体のモンスターが必要となり、合計で3万円ほど初期費用がかかります。

初期費用が高い分、稼げるリターンは大きいです。

東南アジアではゲームの稼ぎだけで暮らしているというほど(夢がありますね)

Axie Infinityに興味がある方は、下記記事を参考に始めてみてくださいね。

NFTアートの初期費用を安く抑えるコツ3選

NFTアートの初期費用を安く抑えるコツを3つ紹介します。

  • イーサリアム、ガス代が安い時に買う
  • 無料ネットワークを使う
  • メタマスクの速度を低速にする

コツ⑴:イーサリアム、ガス代が安い時に買う

イーサリアムやガス代は、日時によって価格が変動します。

それぞれ、安いタイミングを見計らって購入することで、かなりのガス代を抑えることができます。

コツ⑵:無料ネットワークを使う

先ほど少し触れましたが、OpenSeaでは2種類のチェーンで売買することができます。

ポリゴンチェーンを利用することで、出品手数料や購入時のガス代も無料で取引することができます。

お試しでNFTを始めてみたいという方は、ポリゴンで始めてみてもいいかもしれません。

コツ⑶:メタマスクの速度を低速にする

メタマスクでは、トランザクションの速度(取引の速さ)を変更することができます。

取引時に表示される優先度編集をクリックして「低」を選択することで、安くできます。

NFTで稼ぐために必要なこと

NFTで稼ぐには、とにかく早く動くことが重要です。

先行者優位という言葉がこの世に存在する通り、世の中は先行者がかなりの利益を得ることができます。

幸い、NFTはまだ日本で浸透していないこともあり、今から動き出せば先行者として利益を得ることができます。

もし今からでもNFTを始めようと考えている方は、下記記事を参考に始めてみてくださいね。

NFTアートを作ってみる

NFTの稼ぎ方を知る

NFTについて本で勉強する

NFTに関するブログを始めてみる

  • この記事を書いた人

ノア

ITベンチャー会社員(25)|副業で月7桁稼ぐ私が、NFT・メタバース・仮想通貨や副業などのマネーハック情報をお届けするブログです。

-NFT