NFT

OpenSeaを日本語表示にする方法【翻訳アプリをいれるだけ】

OpenSeaを日本語表示に設定したい…

英語だといちいち読みづらい…簡単に日本語表示にできるのかな?

このような悩みに答えます。

本記事の信頼性

今回はOpenSeaの英語を日本語表示に設定する方法を解説します。

結論、「Google翻訳アプリ」を入れるだけで完了です。
ノア

かなり簡単なので、順番に沿って詳しいやり方を解説していきます。

NFTの売買には仮想通貨が必要となります

NFTの売買には仮想通貨が必要になります。

そのため、1円から仮想通貨ビットコインを購入できるビットフライヤーで購入しておきましょう。

\ 1円から仮想通貨を買える! /

ビットフライヤーは手数料無料でビットコイン(BTC)を購入できるので、初心者にオススメです。

ビットフライヤー 公式サイト

手順⑴:Google翻訳アプリをダウンロードする

まず初めに、Google翻訳アプリをダウンロードしましょう。

「Google翻訳を追加しますか?」と表示が出てくるので「拡張機能を追加」を選択

追加すると、右上のパズルのようなマークを選択すると表示されるので、ピン留めしておきましょう。

手順⑵:OpenSeaにアクセスして日本語化する

次に、OpenSeaにアクセスしていきましょう。

>> OpenSeaの公式サイトはこちら

右上にピン留めしておいた「Google翻訳」を選択する

「このページを翻訳」が表示されるので、選択する

これで、OpenSeaの日本語化は完了です。お疲れ様でした!

OpenSeaの詳しい使い方は下記記事で解説しているので、チェックしてみてください。

とはいえ、個人的には英語表示がおすすめ

以上で日本語表示のやり方を解説してきましたが、個人的には日本語表示がおすすめです。

理由は、Google翻訳が直訳すぎる場合があるから。

少し面倒ですが、わからない英語部分があればDeepLという翻訳サービスにコピーして翻訳するのが良いでしょう。

翻訳精度が高く、筆者が英語のニュースを読む時に利用しています。(ブックマーク推奨です。)

英語表示に戻したい場合

英語表示に戻したいという場合であれば、画面上部に表示されている「×」ボタンをクリックすれば英語表示に戻ります。

これを機に、OpenSeaでNFTを買ったり売ったりしてみたいという方は、下記記事を参考にしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人

ノア

ITベンチャー会社員(25)|副業で月7桁稼ぐ私が、NFT・メタバース・仮想通貨や副業などのマネーハック情報をお届けするブログです。

-NFT