NFT

【初心者向け】NFTのバーン(Burn)とは?バーンするやり方も徹底解説!

NFTのバーン(Burn)ってなに?

バーンするやり方を初心者向けに教えてほしい。

このような悩みに答えます。

本記事の信頼性

NFTが少しづつ世の中に浸透してきた中で、バーンという言葉を聞くことも多くなりました。

今回はNFTのバーン(Burn)の意味やバーンするやり方について解説します。

バーンは良い意味や悪い意味でも使われることがあるので、具体例を用いて解説していきます。

ノア

本記事を読めば、初心者でもバーンすることができるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

NFTの売買には仮想通貨が必要となります

NFTの売買には仮想通貨が必要になるので、仮想通貨取引所で購入しておきましょう!

ノア

初心者の方には、取引手数料が無料の「コインチェックがおすすめです!

今だけ!【1,500円分のビットコインをもらえる】キャンペーン開催中

  • 9月30日(金)までのコインチェックキャンペーン
  • 無料口座開設&入金で1,500円分のビットコインがもらえる
  • 入金は1円でもOK
  • 予算が尽きる1,500円分のビットコインはもらえないので、お早めに

>> 今すぐコインチェックで無料口座開設する(1,500円分のビットコインをもらう

ノア

たった5分で口座開設は完了します!

ビットコイン1,500円分をもらうのに、乗り遅れないようにしましょう!

本人確認後、72時間以内に1円でも入金すればもらえるので、入金をお忘れなく!!

口座開設が終わったら、読み進めて下さい!

ノア
コインチェック

バーン(Burn)の概要

NFTのバーン(Burn)とは、NFTを燃やして削除することです。

そもそも、Burnとは英語で「燃やす」という意味であり、NFTを燃やしてなくすというイメージで捉えて貰えば大丈夫です。

ノア

NFTをバーン(Burn)すると、2度と元に戻ることがないので、バーンする際には慎重にしましょう!

バーン(Burn)をする理由

NFTをバーン(Burn)する理由は、下記の通りです。

  • 所持している不要なNFTを削除する
  • NFTの供給量を減らして、コレクション価値を向上させる
  • 新キャラや新トークンなどと交換できるようにする

主に、上記のような役割でバーンします。

所持している不要なNFTを削除する

NFTは自分で購入したもの以外に、勝手に他人から要らないNFTを送りつけられることがあります。

基本的にNFTは、NFTマーケットプレイス上(OpenSeaなど)で削除することができません。

そのため、不要なNFTはバーンして消失・整理する必要があるのです。

ノア

自分で作成した、必要のないNFTもバーンすることができます。

NFTの供給量を減らして、コレクション価値を向上させる

NFTは需要と供給のバランスによって価値や価格が変動します。

当然、供給量が少ない方が価値は上がる傾向にあります。

そのため、20,000体のコレクションのうち、10,000体をバーンすることにより、価値や価格を上昇させるというマーケティングでも用いられます。

とはいえ、誰かが所持しているNFTを勝手にバーンすることはできないので、基本的にはバーン希望者を募り、バーンして消失したNFTの価値以上の特典などを設けるのが一般的です。

新キャラや新トークンなどと交換できるようにする

前述の通り、NFTコレクションによっては、バーン希望者を募り、バーン特典として新キャラや新トークンを配布するコレクションもあります。

日本で人気の国産ジェネラティブらティブプロジェクトの「CryptoNinja Partners」では、バー忍(バーン)システムを企画し、希望者に新キャラを配布するという取り組みを行う予定です。

日本のコレクションでバーンを実装するのは初めてだと思われ、社会実験的にもその動向が期待されています。

ノア

バー忍システムが実施される「CryptoNinjaPartners」がどんなNFTコレクションなのかについては、下記記事を読めばすぐにわかりますよ!

バーン(Burn)するやり方

バーンするやり方は、至ってかんたんです。

下記手順で完了します。

  • BurnAddress(バーンアドレス)にNFTを送付(Transfer)する

BurnAddress(バーンアドレス)はこちらです。

0x000000000000000000000000000000000000dead

まずは、OpenSeaのマイページにアクセスし、不要なNFTを選択しましょう。

右上の紙飛行機マーク(Transfer)を選択します。

「Address」に先ほどのバーンアドレスを入力しましょう。

0x000000000000000000000000000000000000dead

入力できたら、「Transfer」をクリック

最後に、メタマスクで取引を承認すると、バーン(Burn)完了となります。

ノア

サクッとできましたね。お疲れ様でした!

  • この記事を書いた人

ノア

ITベンチャー会社員(25)|副業で月7桁稼ぐ私が、NFT・メタバース・仮想通貨や副業などのマネーハック情報をお届けするブログです。

-NFT