NFT

【保存版】イーサリアム(eth)のガス代を見れるサイト【OpenSea】

2021.10.28

今のガス代が高いのか安いのか基準がわからないなぁ〜。

このような悩みに答えます。

本記事の信頼性

本記事では「OpenSea(オープンシー)でイーサリアムのガス代をチェックできるサイト」を紹介します。

私が大手NFTプラットフォーム「OpenSea」でNFTアートを購入する際、実際に見ていたサイトなので、安心してください。

ノア

OpenSeaでの売買履歴を見れるサイトもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

それでは、早速いきましょう。

NFTの売買には仮想通貨が必要となります

NFTの売買には仮想通貨が必要になります。

そのため、1円から仮想通貨ビットコインを購入できるビットフライヤーで購入しておきましょう。

\ 1円から仮想通貨を買える! /

ビットフライヤーは手数料無料でビットコイン(BTC)を購入できるので、初心者にオススメです。

ビットフライヤー 公式サイト

NFTがなかなか売れない方へ

あわせて読みたい

イーサリアムのガス代をチェックできるサイト

こちらの「Ethereum Gas Price Chart」です。

特徴は下記の通りです。

  • 24時間,7日,30日と時系列を変更できる。
  • 最大30分単位まで細かく見ることができる。
  • カラーモードを変更できる。

基本的に、OpenSeaで作品を購入する前に一度このサイトにアクセスし、確認する程度で良いと思います。

ただ、人気作品の購入時に発生する「クリック戦争」などでは、ガス代を見ずに購入することもあります。。。笑

ノア

基本的には、ガス代を無視してNFTを購入していると多額のガス代支払いに繋がるので、注意しましょう!

本記事とあわせて、こちらの記事を参考に「OpenSeaでガス代がかかるタイミング」をチェックしておきましょう。
あわせて読みたい

仮想通貨、NFT売買履歴を見れるサイト - Etherscan】

こちらのサイトでは、OpenSea内での仮想通貨の取引履歴を見ることができます。

メタマスクを接続する必要もないので、安全と言えるでしょう。

売買履歴の確認方法

やり方は簡単。

下記の検索窓に、自分のMetaMaskウォレットアドレスを入力するだけです。

すると、下記のような取引一覧が見れるようになります。

以上が、ガス代をチェック出来るサイトでした。

NFTがなかなか売れない方へ

あわせて読みたい

NFTを作ってみたい方へ

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

ノア

ITベンチャー会社員(25)|副業で月7桁稼ぐ私が、NFT・メタバース・仮想通貨や副業などのマネーハック情報をお届けするブログです。

-NFT